人生の夏休み

新ブログ

卒業、そしてインターンを機にブログを新しく開設しました。

35歳のインターン」今後ともどうぞ宜しくお願いします。
[PR]



# by murakuni75 | 2010-07-20 06:50

エピローグ

どういう縁なのかわからないが、ベルラーヘを卒業してから半年間オランダ、ロッテルダムにてインターンシップをするチャンスを得ることができた。

行き先はオランダを代表する設計事務所、
Office for Metropolitan Architecture (OMA)。

OMAについてはこのブログでも何度もコンペ案や本について触れてきたが、まさか自分自身メンバーの一員としてOMAに参加することになるとは想像さえしていなかった。

OMAは非常に忙しく厳しい労働環境だということでも有名。誰もが一度は行ってみたいと思う反面、あまりの厳しさのため絶対に行きたくないという声もよく聞く。

とても不思議な経緯でインターンが決まった。何社が出願をしていたのだが、たまたま数日前にOMAのホームページが新しくなりネット経由で応募できたので資料を送った。

インタビューの声がかかりせめて事務所の中だけでも見てみたいという軽い気持ちで出かける。人事面接の後、話をしたプロジェクトリーダーが東京に交換留学経験のある方で日本人への理解と関心が高く話がとても盛り上がった。さらに、最後に雑談でリゾートのリサーチ話をしたところ彼の修士論文の内容との共通点が多々ありその話で非常に盛り上がった。などなど非常に運良く話しがまとまった。

しかし、家族を支えるためには十分な収入が得られない。
インターンを諦めて仕事を探そうと家族で何度も話し合ったこともあったが、二度と無いチャンス。オランダでの勉強を締めくくる意味でやってみたらいいのでは無いかと背中をおしてくれたのは家族だった。まいちゃんともかは日本に帰り半年間単身で生活をする。こんなわがままな夫であり父である僕を信じてくれる家族に心から感謝をしたい。

OMAの厳しい環境で、ベルラーヘのプロジェクトの最後で弱さを露呈した自分がどこまで機能するのかはわからない。でも考えても仕方が無い。できるだけのことをやってみたいと思う。

*  *  *

仕事の内容は、ブログ等で発信できるものでは無いと思うが、せめて今後の生活については別のブログで日々綴って生きたいと思う。

これまでこのブログを読んでくれた皆さん、そして僕らの留学生活を応援をしてくれた皆さんどうもありがとうございます。そして、大変な生活を支えてくれた家族の皆本当にどうもありがとう。

これからもどうぞよろしくお願いします。

c0176478_22351857.jpg
[PR]



# by murakuni75 | 2010-07-14 22:20

Environments of Collectivity

c0176478_21342276.jpg


c0176478_21344970.jpg
[PR]



# by murakuni75 | 2010-07-14 21:44

グラデュエーション

7/7(水)

今日の午前中は三つ目のスタジオのプレゼンテーションが行われ、夕方からはグラデュエーションセレモニー。

プレゼンテーションには参加せずに家族で市役所に行き諸手続きを行う。

*  *  *

いろいろ考えた挙句、グラデュエーションセレモニーには出席しなかった。これまで二年間一緒に机を並べてディスカッションを繰り返した皆と一緒に笑いながらセレモニーに出席しありがとうと感謝の気持ちを述べるべきだったかもしれない。でもできなかった。

スタジオの最後で僕自身、そしてチューターのオラフも納得の行かないような中途半端なプロジェクトしかまとめられなかった中、笑ってセレモニーに出席できるほど楽観的になれなかった。

過程を終えれば、皆が勝者であるようなグラデュエーションセレモニーへの違和感が、行って皆にありがとうと言わなければという気持ちを上回った。

スタジオメンバーの皆、そして二年間のベルラーヘ生活の中沢山のことを教えてくれたスタッフ、チューターそして学生の皆さん本当にどうもありがとう。これからの人生にてこのベルラーヘので勉強がステップとなり少しでも多くの人が活躍する日が来ることを祈っています。

c0176478_2162115.jpg
[PR]



# by murakuni75 | 2010-07-14 21:18

ファイナルプレゼンテーション

7/6(火)

いよいよこの日がやってきた。今日はファイナルプレゼンテーション。午前中はベルリンスタジオによるプレゼンテーションが行われ、僕等のスタジオは午後から。

結果的に言うとこのスタジオは大失敗に終わったスタジオだったと思う。僕個人のスタジオに対する貢献度にしてもそうだし、僕以外のメンバーのそれぞれの良さが十分には発揮されないとてもフラストレーションの溜まるスタジオだった。

チュターのオラフが求めていたことは皆程度の差こそあれコンセプチャルには理解できていたのだが、それを実際のプロジェクトとしてまとめる際に大きな誤訳が生じていた。

もちろんジュリーにはこの失敗は隠し切れない。アムステルダムのオリンピック誘致委員の方々も混乱と動揺を隠せない様子だったし、スポンサーとしてスタジオ前半に僕等をチュニジアやモロッコのリゾートに招待してくれた、クラブメッドの建築部門のトップも期待はずれだとはっきり言ってくれた。

ベルラーヘのスタッフからも、スタジオのブリーフに対する十分なディスカッションが学生とチューターとの間でなされていないのではないか?などなど厳しいクリティックが多数寄せられた。

ディレクターのヴィドランは、苦し紛れにとても難しい大きな課題にチャレンジしたスタジオだったと結果そのものよりも挑戦そのものを評価するコメントで締めくくった。

このスタジオはいろいろな面で不運も重なり最後までまとまることの無いスタジオとなってしまった。とても残念だけどそれが現実であり受け入れなければならない。

*  *  *

とても辛いことだけれどこのスタジオを通じて、自分の弱さがいやという程身に染みて解かった。

特に最後の二週間、一緒にプロジェクトをまとめていたタミーとの意見の食い違いそしてお互いがお互いを信じられない人間関係の問題で苦しんだ。しかしそれは表面的な問題であり、本当の問題は僕自身のプロジェクトをドライブする力の弱さにあるのだと思う。タミーの性格の問題ももちろんあるし、オラフの要求することの曖昧さなどもあるけれども、それを言い訳にはできない。上手くいかなかったのは自分の弱さが根本にあるからなのだろう。

最後にクラブメッドからの方からもらったコメントが心に引っかかっている。

「私はこのスタジオの目的はリゾートのリサーチを通じて学んだことを都市に持ち帰ってくることだと解釈していた。我々クラブメッドは人が幸せを感じられる環境を提供するために全ての努力をしている。あなた達がクラブメッドのリゾートをリサーチし、都市のプロトタイプをデザインすることでその都市にどれだけの幸せな環境が生まれているかという点を今日は見たかった。しかし全てのプロジェクトにそう感じさせる要素は見られなかった。」

都市をデザインするということは、機能を整理するということでも無いし、何か難しいことを言うためでも無い。多くの人が生活をしている環境にどうやって幸せを感じられる環境を提供できるか?が建築家がデザインをするということなのだ。

クラブメッドのリゾートは熱帯、亜熱帯と言った都市から離れた環境でそれを実現している。しかし近い将来、リゾートに見られるリクリエーションという行為を都市の生活の一部として取り戻すというのがこのスタジオの一つ目の目標だった。それはすなわち都市に幸せを感じられる環境をデザインするということだった。

この一年間のスタジオの挑戦でそれを実現することはできなかった。でもこの馬鹿みたいに単純な目標は、都市がそうであったら自分自身でも望ましいと思える目標だ。それは人が住む環境として根本的なことであるように思う。

スタジオそしてベルラーヘでの全過程が終了した。
今は一体自分がどれだけ何を得たのか解からない。
何をできるようになったのかもわからない。

でも、とにかく苦しみながらも未熟ながらも全ての過程が過ぎ去っていった。


c0176478_204745.jpg
[PR]



# by murakuni75 | 2010-07-14 21:00

最後のミーティング

7/5(月)

リサーチレポートの原稿が終了したため残るはプレゼンテーション準備。午後には最後のミーティングということでオラフが急遽やってきた。各チームのスライドについて最終確認を行うためだ。

彼とのミーティングは最初のチームが必ず2,3時間に及ぶ細かな打ち合わせになり、最後の2チームほどは力尽きて15分や5分で終わってしまうというケースがこの一年間続いた。

何度も僕等メンバーからももう少し均等な時間配分ができないものかと提案したことがあったが結局最後まで変わることはなかった。

今日も初めのチームは3時間、最後のチームは3分程度。最後のミーティングでこれでは何だかやりきれない気分になる。僕等のチームは終わりから三番目だったためかろうじて彼のエネルギーが残っていた。打ち合わせ自体はとにかく簡潔にスライド一枚ワンメッセージでとのこと。

いよいよ明日はファイナルこれで長かった留学生活も終わりとなる。
[PR]



# by murakuni75 | 2010-07-14 20:03

リサーチレポート

7/4(日)

明日の朝までにリサーチレポートのデータを完成させなければならない。ベルラーヘでは、通常ファイナルプレゼンテーションにて100ページから200ページに及ぶリサーチレポートと呼ばれる本をつくり配布することになっている。もちろんスタジオとして一冊なので各個人が担当するページ数はそれほどの分量では無い。

そのため今日はその最終原稿作りに追われる。タミーはダイアグラムなど個々の図版を作り、僕が全てのデータをInDesignにでレイアウトしていく。何とか明け方には完成。スタジオ全体のデータをまとめているティムへファイルを渡し帰宅。

どうやらこれで発表には漕ぎ着けそうだ。
[PR]



# by murakuni75 | 2010-07-14 19:41

最後のマーケット

7/3(土)

今日はプランの最終ドローイング。図書館が異常に蒸し暑いと思い外を見てみると、久し振りの大雨。電話がかかってくる。まいちゃんともかがマーケットで買い物をしていて雨にあたり、図書館で雨宿りをしているという。雨が止んだ後、三人でマーケットを歩く。今日がオランダ生活最後のマーケットなのでまいちゃんはオランダ名物ハーリングを食べる。

明日の夜、リサーチレポートの原稿締め切り。終わりがすぐそこまで来ている。

c0176478_17154732.jpg
[PR]



# by murakuni75 | 2010-07-04 17:16

逆転

7/2(金)

いろいろな作業が平行して行われている。とにかくプロジェクトを終わらせるためには最後はプロダクションに集中するしかない。最終的に決定したアングルでコラージュを作り始める。

図書館で作業をしていると、ロビーから大歓声が聞こえてくる。今日はワールドカップのオランダ対ブラジル。なんと逆転でオランダの勝利。試合終了後、スーパーへ飲み物を買いに行くと、バルコニーから乗り出してオレンジの旗を振って歓声を上げる人や、クラクションを鳴らし続けて走る車などで溢れている。街中がお祭り騒ぎになっていた。
[PR]



# by murakuni75 | 2010-07-04 15:52

まとめ

7/1(木)

オラフミーティング。お互いに持ち寄ったまとまりきっていないプロジェクトの断片を三人でまとめる。テーマとアーギュメントはクリアになってきたもののプロジェクトそのものはまだ漠然としか見えていない。ミーティング後、お互いを避けるように簡単にミーティングを済ませて役割分担を明確にして分かれる。とにかくプロジェクトを終わらせることだ。

*  *  *

今日もかは最後の登園。たった四ヶ月だけだったけど僕等両親にとってももか自身にとってもオランダの幼稚園での貴重な体験をすることができた。いつもあたたかくもかを迎えてくれていた先生達に感謝。

c0176478_5124481.jpg
[PR]



# by murakuni75 | 2010-07-03 05:00

何も生まれないよりは二つ

6/30(水)

今日と明日はオラフとの最終ミーティング。僕等のグループは明日の一番手なので今日は打ち合わせそのものはなかった。ただ、少しだけ現状についてオラフに説明をする。

今の状況ではタミーとディスカッションをしても仕方が無いのでそれぞれで明日に向けて何かをまとめるべきだとのアドヴァイス。決裂したまま何も生まれないよりは二つの異なる方向性があったほうが、まだいいということだ。

最近ロッテルダムは連日快晴。天気が良いのはいいことなのだが、学校があまりにも暑い。とても作業にならない、図書館へ走る。
[PR]



# by murakuni75 | 2010-07-03 04:54

決裂

6/29(火)

昨日の成果を持ち寄り昼からミーティング。僕の案もタミーに理解してもらえないし、タミーの案も根拠のない複雑さが的を得ていなく受け入れ難い。妥協点を見つけようとして質問を繰り返すものの、人の話を聞くことの無いタミーはドンドン興奮して自分のアイディアの正当性を主張し続けるばかり。それで最後はパニックになりケンカになりお互い力尽きて何も生まれずに終わってしまう。静かなスタジオの中、毎日の様に繰り替えされる僕等二人の争いに他のメンバーを少し引き気味。

何時までたってもスケール感の全く無い抽象的なレベルなのでとにかく図面にして持ってきて欲しいと要求。しぶしぶと受け入れて仕事を分担する。

夕方再度ミーティングをするものの今度は全く違う案が。今この時点でどうハンドルするのか解からない。タミーはしまいにはマルコと相談し合いながら仕事を進め何も言わずに帰っていた。

この状態が明日も続くのであればもはやグループワークとはいえないしまとめることもできない。締め切りは月曜の朝だ。
[PR]



# by murakuni75 | 2010-06-30 09:28

ストレスしか生まない

6/28(月)

朝からミーティングを始めると直ぐにケンカモードに入ってしまい一向に前進しない。プロジェクトを進めるためにはミーティングをすることが重要なのだが、最近のミーティングはお互いのストレスしか生まない。

風の入らない天井全面がガラス張りのベルラーヘは夏のこの時期30度を超えて、直射日光にさらされる最悪の環境になる。パソコンに向かい考えながら作業をする場所ではない。タミーはそれを理由に一時帰宅、夕方再度ミーティングをすることになる。しかしタミーからメールがあり今夜は集中して考える時間がどうしても必要だということでそれぞれ作業を進めることとなった。

人との関係について考えている。コラボレーションの意味について考えている。自分には何ができるのだろうか?
[PR]



# by murakuni75 | 2010-06-30 08:58

オーガナイズ

6/27(日)

ここまで来ると焦りという感情を飛び越えて妙に落ち着いた気持ちになる。最後は本当にシステマチックにオーガナイズしないといけない。

昼過ぎにステップバイステップでダイアグラムを作り始めることで合意をとり作業にかかろうとするが、その合意形成だけでも大変な苦労を強いられる。彼女はステップバイステップでプロジェクトが出来上がることは無いと心の底から信じきっている。

1st yearも大詰め学校は暑さと締め切り直前の熱気でものすごい蒸し暑さだった。
[PR]



# by murakuni75 | 2010-06-28 08:41

6/26(土)

オラフとのミーティング。あまり時間がとれなかったものの残された課題の多さに気が遠くなる。ヒステリックになり混乱を招きがちなタミーとのディスカッションはエンドレスでなかなか合意にたどり着かない。ちょっとしたことでも何十分に及ぶ壮大に話に膨れ上がってしまう。

そんなことを話している場合ではなく、生み出さなければならないことが山の様にあるのだが、それに取り組む前にエネルギーが尽きそうになる。

夜、ヤゴくんと長々と話込む。
[PR]



# by murakuni75 | 2010-06-28 08:32

家族ピザ

6/25(金)

今日も気を取り直してミーティングを重ねるもののすれ違いばかりで生産性が上がらない。焦ったところで何も生まれないしいいことも無い。何度も気持ちをすっきりさせてミーティングを重ねるけれど何が悪いのか解からないが空回りの連続。

ふともかから電話が掛かってくる。近くまで買い物に来ているというので待ち合わせをして家族で夕食にピザを食べる。二人に今の状況を説明してもしょうがないのだが、気持ちを聞いてもらう。せっかくここまで来た。苦しむことは目に見えていた。できることは目を瞑らないことだけだ。とまいちゃんと話をして肝に銘じる。

c0176478_18353324.jpg
[PR]



# by murakuni75 | 2010-06-26 18:36

ストレス

6/24(木)

タミーとの打ち合わせを何度も重ねるものの全くかみ合わないまま時間だけが過ぎていく。お互いに大きなストレスだけがたまり何も成果を生み出さない打ち合わせ、焦りだけが増していく。
[PR]



# by murakuni75 | 2010-06-26 18:25

6/23(水)

オラフとのミーティング。今日は各チーム三時間近くディスカッションを続けた。最後の二週間に向けて大詰めである。まだまだ山のような課題が残りタミーと二人途方にくれているが、立ち止まってはいけない。
[PR]



# by murakuni75 | 2010-06-24 17:02

Lecture by Leon Krier

6/22(火)

今日のパブリックレクチャは建築家レオン・クリエ(Leon Krier)がゲスト。彼はポストモダンを代表する建築家の一人で独特の風刺の効いたドローイングで有名。

今日のレクチャのスライドもほぼすべてが彼のドローイングで構成されていた。ユーモアの効いた辛口のダイアグラムが映し出されると笑いが起こる。

彼はコンクリート、スティールを初めとする近代建築の材料に批判的でる。その理由に一つはそれらの生産システムが、地域の枠を超えた巨大資本に基づいていることにある。

それに対する材料としてレンガを上げている。レンガはその建物が建つ地域の住民の手で生産されるその意味で巨大資本に基づいている材料とは対照的である。

彼はあまりにも資本の原理で多くの要因が決定される近代化以降のシステムに疑問を投げかけている。

そんな彼はどんな建築を生み出しているのか?今日は彼がマスタープランを手がけた都市を紹介してくれた。レンガや石を用いた多様な形態を持つ中世の都市のような都市だ。

彼の近代化以降のシステムに対するクリティックはある意味共感できるけど、それに対する回答には同意できない。

彼から何を学べるのか?彼の回答はあくまでも彼ならではの回答であり、それを見たり聞いたりした僕等は彼の疑問を受け止めて自身の回答を探すしかないのだろう。

c0176478_16554543.jpg
[PR]



# by murakuni75 | 2010-06-24 16:59

朝も眠い

6/21(月)

最近も夜遅くまで作業を続けているので朝もかと同じ時間に起きるのが辛い。今朝も寝ている間にもかは幼稚園に出かけていった。
[PR]



# by murakuni75 | 2010-06-24 16:29
オランダ・ロッテルダムにて都市と建築について考え中
by murakuni75
プロフィールを見る
画像一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

最新の記事

新ブログ
at 2010-07-20 06:50
エピローグ
at 2010-07-14 22:20
Environments o..
at 2010-07-14 21:44
グラデュエーション
at 2010-07-14 21:18
ファイナルプレゼンテーション
at 2010-07-14 21:00

ファン

ブログジャンル

画像一覧